注射

わきがのボトックス注射は基本的に準備はいりません

ボトックス注射は筋肉の動きを抑制して顔のしわを目立たなくする効果がある施術ですが、わきが治療にも効果が期待できます。わきがで手術をすることもありますが、手術で傷跡を残すことを考えると躊躇することもあります。

この場合にはボトックスで汗や臭いのもととなる汗腺に作用させて汗腺の働きを抑えてわきがの嫌な臭いを改善することができます。ボトックス注射は、注射をうつだけの手軽な施術で、施術は10分程度で終了します。

効果が個人差はありますが約6ヶ月程度は持続するため、特にわきがが気になる季節に合わせて注射することができます。注射して効果を実感するのは2?3日程度で、早く効果が実感できます。

ボトックスは基本的にわきがの根本的治療ではないため、効果を持続するためには半年に1度は注射する必要があります。事前準備は特に必要ありませんが、注射の前準備として麻酔クリームを塗り注射時の痛みをなくします。

施術後は腫れも殆どなく入院に必要もありません。ボトックス注射でわきがを抑えることは根本的な改善ではありませんが、夏など一定の期間に施術を受けるなどライフスタイルに合わせて気軽にできることも魅力のひとつです。


女性

ボトックス注射の痛みと薬剤の種類の基本

ボトックス注射の基本として覚えておきたいのが、痛みを伴うという部分です。その名の通り、注射器を使って施術をする方法ですので、針を刺して薬剤を注入するときに、多少の痛みが生じるようになります。

メスを使うことはありませんので、激痛が走るようなことはありませんが、完全に無痛というわけにもいきません。実は、ボトックス注射の痛さは、使われる薬剤によっても変わってきます。

アメリカやフランス製の薬剤ならば、あまり痛さが感じられず、快適な治療が受けられるようになっています。韓国製の安価な薬剤も存在しますが、こちらは注入時に痛みを感じられやすい特徴を持っています。

また、治療効果が薄いため、何度も施術を繰り返す内に、費用が高くついてしまうという報告もあります。

基本的に信頼できる有名な美容クリニックであれば、安価な韓国製の薬剤は使用していませんので、安心して治療を受けられるようになっています。施術時の痛さが気になる人には、麻酔を施してくれます。


砂時計

ボトックス注射の施術時間と基本のやり方

最近、芸能人や女優さんだけでなく一般の方にも広まってきたアンチエイジング治療としてのボトックス注射ですが、興味はあるけれど、実際に受けるまではなかなか踏み出せないという方も多いことでしょう。

 

ボトックス注射は、基本をしっかりとおさえて、適切な施術を受けることが出来れば手軽で安全な治療です。ボトックスの効果としては、筋肉を弛緩させ、筋肉の動きによるいろんな表情によってできてしまう表情しわを一時的にできなくさせるというものです。

効果は永久ではなく、平均3か月ほどで徐々に元に戻ります。注射なので施術には多少の痛みを伴いますが、施術時間としても一か所であれば10分程度とあっという間ですし、変化には即効性があり、目じりや眉間、口周りのしわなどにはとても効果が期待できます。

手帳

ボトックス注射といっても、病院によって使っている製剤や量、値段も違います。きちんと調べて確認したうえで施術を受けることをおすすめします。

注射器